メンタル不全からのリワーク

● メンタル不全からの復帰

「うつ病」や「もえつき症候群」で休職した方が再び職務への復帰を考え始めた時、焦らず慎重に準備することが大切です。なぜならば、回復期が最も自殺の危険があるからです。リワークプログラムを受けながら、家族や周りの支えてくれる人たちと共にていねいに一歩一歩準備していきましょう。
また、「始めの復帰を成功させること」が最も重要だといいます。何度も復職・退職・復職・退職と繰り返すうちに、次第に復帰が困難になっていくからです。専門科の導きの元、本人と家族、医師、勤務先と連携し協力し合って互いに支えあってバックアップしていきましょう。

● リワークプログラムとは

リワークプログラムは、メンタル不全が回復し始め、医師から「職場復帰が可能」を診断されたとき、「職場に復帰するための訓練」を段階的に計画していくものです。これは本人だけでなく「精神科医」と「職場の上司」そして家族がそれぞれの役割を担い、チームとなって支えていかなければなりません。専門医の指導のもと、行政や医療機関、民間の「リワークプログラム」に参加しましょう。
リワークプログラムの利点は、正しい知識に沿った段階的な支援を受けられることだけではなく、「自分を追い込んでしまう思考の修正」等認知行動療法を通して「再びメンタル不全に陥らないよう心のバランスを取る方法」を学びます。そしてもっとも効果的なのが「同じ思いをした仲間と共に話しあい学ぶことができる」ということです。自分だけでなく仲間と共につらさを分かち合うことができることで、慰められるだけでなく、客観的に自分を振り返るきっかけにもなります。

● 仕事の復帰を焦らない

気を付けなければならないことは、「主治医」の復帰可能と診断するレベルと、「リワークプログラム」の指導員が復帰可能とするレベルは全く違うということです。
主治医は「日常的な生活が出来るレベルまで回復」したことを証明します。具体的には、起床時間が一定になり、食事や睡眠などの生活習慣が規則的になり、生活リズムが整ってきたことを証明します。外出においては簡単な散歩程度です。この外出が可能になって初めて「リワークプログラム」に参加することができます。

一方行政や民間などの「リワークプログラム」では、「実際に勤務場所に6時間以上とどまることができ、事務的な仕事をこなすことができるレベル」まで引き上げます。
つまり、医師が認める「復帰可能」とリワークプログラムでの「復帰可能」には大きな隔たりがあるということです。そのため、医師が「復帰可能といったから」と言って、いきなり仕事場で休職前と同等の仕事ができると思わないようにしましょう。

メンタル不全になる方は、責任感や使命感がとても強く、「人に迷惑をかけたくない」「できるだけ早く復帰したい」そう強く望みます。そのため、復帰直後はまた無理をしてしまい、再び体調を悪くして休職してしまうということが起こってしまいます。

とにかく焦らずに「リワークプログラム」に沿って、一つ一つできるようになったことを確認しながらじっくりと準備をしましょう。そしてリワークプログラムの担当者から改めて「復帰可能」と合格をもらってから始めて就職活動に踏み込みましょう。

● 職場でも復帰を支援

職場でも復帰を様々な角度から支援してくれます。看護師のサポートを整えている求人を選んで転職するのも1つの手だと思います。
復帰した直後は、出勤してその場にとどまるということ自体でいっぱいいっぱいです。
まずは勤務時間の短縮。簡単な事務やメールチェック等、負担にならない程度の単純作業。あるいは読書。とにかく決められた時間職場にいられるように体と心をならすところから始めます。
サポートメンバーも組織されます。そばでサポートする人、上司は医師と連携し勤務時間や仕事内容を調整するなど、チーム全体で支えます。

「リワークプログラム」のメンバーも、復帰後も長期的に支援します。復帰直後は土日に「疲労回復日」として一週間の様子を聞きながら疲れすぎないように心の調整をします。

● 3か月後が再燃の危機

さらにもっとも再燃の危険が高まる3か月後。なぜかというと3か月ほどたつと職場にいることに慣れ、次第に休職以前の仕事内容も任せて大丈夫だろうという本人と周囲の思いから、いきなり仕事内容が本格化する時期だからです。
この時、仕事の重圧、周囲の高まる期待、以前を取り戻したいと頑張りすぎてしまうことで病気が再燃する危険があります。また、周囲のバリバリと働いている同期を見ると、焦燥感と劣等感に責めさいなまされ、孤独感と無力感が非常に高まってきます。
「大丈夫だろう」と思われる時期をうんと気を付けて下さい。そして少しでも「再燃してきたかもしれない…」と感じたならば、上司やリワークプログラムの指導者に相談し、再びワンランク下げたところからもう一度取り組んでみてください。

● メンタル不全からの完全復帰

およそメンタル不全になり休職した方のうち、6割以上が仕事に復帰できるようになるとされています。さらにリワークプログラムに積極的に参加し、職場と精神科医、リワークプログラムの指導者と連携しあい長期的にサポートしていくことでさらに復帰の可能性が9割近くまで上がるだろうとされています。
完全に復帰しただろうと思われるのが1年後だそうです。それまでは、何度も良くなったり悪くなったりを波のように繰り返して次第に回復に向かいます。どん底が来たとき、自分の周りには「助けてくれる人がいつもいる」ということを忘れず、一つ段階を落としてやり直しすることを恐れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です