プリセプターになって(悩み)

● 3年後の悩みのひとつ プリセプターになって

 3年後、十分に力が付き「これから自分の思っていた看護ができる」という多くの看護師が、突然やる気を失い、もえつき症候群と同じような症状になって辞めています。ベテラン看護師も誰もが一度は経験しているそうです。
 最近になって新人研修の一環として「プリセプター制度」を導入している病院が増えてきました。それに伴い多くの3年目の看護師が、プリセプターとして新人を教える立場に立たされることになります。この「プリセプター制度」も3年目の悩みをより深刻なものにしてしまっているようです。

● プリセプターとは

 プリセプター制度とは、一人の先輩の看護師が、一人の新人の看護師に対して、マンツーマンで実践を通して指導したり、相談にのったりするという方法です。そもそもの目的は、技術や知識を伝えることはもちろんですが、新人の「リアリティーショック」を緩和し、何かあったときの相談役がいるということで心の支え、新人の離職を減らそうという目的で始まりました。

 そのため、一般的にはプリセプターは「新人時代の不安やこまり感」に寄り添い、気持ちを把握しやすいということで「中堅の看護師」があてられることになっています。ところが、看護師不足や極端に人手不足で忙しい病棟では、まだ経験2年目の看護師もプリセプターにされることもあるようです。これも悩みを大きくしている一因かもしれません。
 
● プリセプターの悩み
 
 「先輩看護師に様々なことを教えてもらって今がある。今度は私が教える番」
 はじめはいろいろとはりきって頑張ろうとします。ところが、いざ教えるとなると、大きな壁にぶつかってしまいます。

 「実際にはどのようなことをしたらいいのかわからない」
 「新人とどのようにかかわったらいいか(踏み込んだらいいか)分からない」
 「指導法の研修がない」

 このように、「プリセプター」に対する指導研修制度が整っていないため、かかわり方や指導法がわからず、戸惑いながらもなんとかこなしている。また、プリセプターとしての責任や課題・評価が重くのしかかってくるため、非常につらいというのが現状のようです。

● プリセプターの仕事

【マンツーマンで現場で寄り添う】
 現場の処置について、見守り、アドバイスをします。
 新人の看護師が「処置が正確にできているか」という確認と、段階的に力をつけていくための指導計画・評価・指導をしていきます。
 初めて受け持つ「患者・疾患・処置」の場合は、新人看護師の理解度を把握するために、処置前に口頭で確認して確認したり、「レポート・メモ」等を提出してもらうなどの指導もします。
 病院によっては、プリセプターを集めて報告会などを持ち、新人教育の全体把握を測っている所もあります。

● プリセプターの悩みを緩和するために

 プリセプターだけが新人教育の責任を負うようなことがないように、病院にも対策が求められています。
 たとえば、「プリセプター自信が悩んだり困っているとき」一人で抱え込まずに相談できるよう、「プリセプターを指導・支援する仕組み」を医院全体で組織化することです。たとえば、毎月プリセプター報告会をもち、「指導の報告」と「今後の課題」「解決方法を共有する」等、マンツーマンとはいえ、一人で新人教育の責任を負わないようにする仕組みと風土、全体のバックアップが必要です。
 病院全体で「新人の技術チェックリスト」等を統一し、いつまでにどの技術を段階的に身に着けていくのかという共通の指導計画も必要です。
 
 すべてをプリセプターに任せっぱなし。という状況を作ってしまうと、新人指導が行き過ぎてしまったり、技術を計画的・段階的に引き上げることが出来なかったりということが起きてしまいます。医院全体として、チーム全体として、「新人」だけでなく「プリセプター」もまた、教え導き、支える仕組みを作っていく必要があります。

● 看護の実践力と指導力は違う

 「自分でいつも処置していることだから、簡単に教えられるだろう」と思っていたのに、いざ教えようとすると、どう教えたらいいかわからない。用語等があいまいになっている等、思っているよりもしっかりと覚えていないということに気づかされます。
 看護の処置が出来るということと、指導力があるということは必ずしも同じとは限りません。てきぱきと処置ができる看護師であっても言葉に詰まってしまうことはあります。看護の実力と指導力は同じではないということです。
 ですから、「指導」するためには、「指導方法」を新たに学ぶ必要があります。指導するためには普段の隠語や略語では新人が理解できないこともあります。そのため、「指導内容」と「指導する際にどのようなことを伝えるか」について細かく計画を立てる必要があります。その際に、あいまいだったことは調べておくといった下準備も必要です。
 
 「指導方法」や「指導計画」、これらの悩みは一人で抱え込まず、指導に不安があるのであれば、上司に相談し、指導し、研修を設定してもらう必要もあります。

● 一人で悩まない

 「Aさんの受け持ちの新人は成長しているのに、自分の受け持ちの子は一向に成長しない」
 指導をしていくうちに、次第に新人の成長度が違ってきます。自分に指導力がないせいではないかと不安になることでしょう。けれども習熟の度合いは個人差が大きいものです。自分だけで悩まないで、指導方法に困っているなら、上司に相談してアドバイスをもらい、時には一緒に指導に入ってもらいましょう。 
 新人のこまり感によりそい、見守る。これだけでも心の支えになっています。「この子、一向に成長しないな…」とあなたが思っている以上に、新人さんは「頑張っているのにちゃんとできない」と悩んでいることでしょう。あなたができることは「良いところ、成長していることを注意深く見守り、発見し、伝えること」です。嘘はいけません。かえってプライドを傷つけます。
 「昨日よりも処置が丁寧になったよ」「今日は患者さんをよく見て変化に気づいたね」「何か困っていることはない?」あなたが何気なくかけたその一言に、慰められ、勇気をもらっていることでしょう。教育とは千語の雨を降らせること。そのどれか一つが新人さんの力となり、心の支えとなるでしょう。
 あなた自身が悩みすぎてもいけません。ぜひいろんな人と共に「共に学び成長していく喜び」を味わえるよう、支えあい、思いや悩みを分かち合ってください。

● 新人から教えられることもある

 教えることは「自分の知識や技術も試される」。
 あいまいだったことにはっとさせられることもあるそうです。新人のために勉強し、指導計画を練ったり評価したりすることはとても大変なことだと思いますが、実は自分自身のためにもなっています。プリセプターをやり遂げた時、きっと苦労した分成長し、大きな信頼と自信を得ることでしょう。
 
 「素早い処置」ができると、できる看護師と評価されます。
 ある新人が非常に処置が遅いので、よくよく話を聞いてみると「患者さんそれぞれの血小板の数が違うので、どう対応したらいいか考えてしまいます」「赤ちゃんの大きさがそれぞれ違うので、どう吸引したらいいかわからない」このように返事が返ってきました。
 遅いからといって「できない」とは限りません。その人の気づきやこまり感をよくよく聞いてみると、その中に「深い洞察力」「細やかな気遣い」が隠されていることもあります。
 そういった「新人ならではの悩みやつまずき」を先輩が「どうしたの?」と一声かけて一つ一つ聞き取って拾ってあげること。忙しさに紛れず、一瞬立ち止まってこまり感を救ってあげること。そういったことを一つ一つ積み重ねていくことで、新人との信頼関係がぐっと深まっていくはずです。

 寄り添って聞く。細かな見過ごしてしまいそうな成長を発見して伝える。できた時はともに喜ぶ。そういった一つ一つの積み重ねが「信頼」に変わっていきます。本当の信頼関係が出来た時、おそらく新人さんは驚くほど成長していくはずです。
 
● 厳しいことを言わなければならない時は

 緊急時、厳しいことも言わなければならない時もあるでしょう。
 その時は、できるだけでいいので、次のことに気を付けて見ましょう。

 「大勢の前、特に患者の前で大声で叱らない」
 できれば処置などが終わった後に、その場を外して、落ち着いた声で指導しましょう。「失敗した」と思った新人はパニックになっています。その上大声で叱ったり、患者や大勢の同僚の前で叱られたりすると、指導内容は全く頭に入らず「大勢の前で辱められた」というショックだけが強く残ってしまいます。
 
 「サンドイッチで指導内容を伝える」
 ちょっと時間があるときは、まず今日の明るい話題や成長したことをほめる言葉を話してから、間に「指導したいこと」を挟みます。そして、指導が終わったら、またほめる言葉や元気づける言葉などを付け加えます。
 大声で叱られたときよりも、このようにテンションを落ち着けていいことを前後に挟んで話すことで、「より素直に相手に伝わりやすくなる」効果があります。また、相手に「怒られた」という強い印象を与えすぎることがありません。

 「カッとなったら」
 たまにカッとなって怒鳴って本気で叱りたくなることもあります。そういったときは、「とがったもの」を見つめながら心の中で10秒数えます。怒りは大体10秒ぐらいで落ち着いてきます。ボールペンの先などを見つめることで、怒りがすっとおさまってきます。
 一時の感情の高まりがすっと覚めてから、いつもの話すテンションで話しましょう。

 「やっぱり相談」
 中には本当に困った新人もいます。上司に相談しながら、自分自身で抱え込まず、時には間に入ってもらって二人きりで話さないということも大切です。自分よりも経験豊かな人にも頼ってください。

● 誰でも先生になれる

 「反面教師」という言葉がはやりましたが、あなたが指導できているか不安になったとしても心配しないでください。
 あなたの美点はほかの人の方があなた以上によく知っています。「おしゃべりが苦手であまり上手に説明できなかった」と反省していたとしても、新人は「にこやかな笑顔でいつも丁寧な処置をしている」「患者さんがリラックスしている」「こんな看護師になりたい」そう思っていることでしょう。
 新人はあなたのいつもの姿からあなたが考える以上のものを受け取っています。何気ない笑顔、何気ない患者さんとの会話。同僚との接し方。すべてがお手本になっています。ですから、うまく指導できなかったと反省したとしても、あなたが教えることをあきらめない限り、新人はたくさんのことをあなたから学んでいるのです。
 「背中で学ぶ」ということもあります。あなたがあなたらしく、看護師の仕事をすること。お手本を見せ、悩みを聞いてあげるそういった何気ないことこそが本当のリセプターの仕事なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です